RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
神秘のさかな
 アロワナと言う、ファンの心をひきつけて話さない魚がいます。アロワナの魅力は何でしょうか?この古代魚のとりこになっている人はたくさんいますが、一言 で言うと「荘厳」、もうひとつ付け加えれば「完全な魚の美しさ」でしょうか。

アロワナはおそらく古代には世界中に分布していたのでしょうね。不思議とまっ たく離れた熱帯の淡水で生き残っていました。南米、オーストラリア、東南アジアの三箇所で、これらはおおまかに5種類に分類されています。東南アジアのも のが「アジアアロワナ」として大人気です。現在のところ、アロワナはこのように5種類に分類されているのですが、もちろん共通する刀のような形とでっかい 目は、形そのものは化石のご先祖様とたいして変わらないようです。

それでも住んでいる地域によってその性質や、何よりも見た目の美しさが違うようです。美 しさのトップはアジアアロワナです。世界のアロワナの中でももっとも人気があるのは数が少なくて美しいアジアアロワナです。

幸か不幸かたくさん捕まえるこ とのできるアマゾンアロワナはあまり美しくないので人気はイマイチです。ですが、野生のアジアアロワナは今では手に入れることができないのです。あまりに も美しいがゆえに、そしてもともとインドネシアやマレーシアのごく一部にしか住んでいなかったと言う希少価値の性でアジアアロワナは高価で取引され、そし て乱獲で個体数が激減してしまったのです。

アジアアロワナといえば、いまではサイテス、ワシントン条約で国際的に保護されている魚の代表格です。もちろん 日本を含めて外国に出回ることはありえません、密輸を除いては。アジアアロワナはもう幻の魚なのでしょうか?だいじょうぶ、じつは日本のペットショップで 買うことができるのです。


アジアアロワナの色の基本形は次のようになります。『紅龍(スーパーレッド)』 『過背金龍(マレーシアゴールデン)』『紅尾金龍(インドネシアゴールデン)』『青龍(グリーンアロワナ)』『黄龍(バンジャール)』という、その色と地 域で5種類に分類されていますが、希少価値と美しさでその値段は大きく変わります。マイクロチップを埋め込む、アロワナそのもののサイズがでかい、闘争心 が強いために水槽で一定数以上はなかなか飼育できない、美しいものを選別する、などなど、アジアアロワナの養殖は手がかかっています。アジアアロワナの養 殖管理が困難であること、さらに生産者の価格調整の思惑も入ってか、マレーシアゴールデンあたりでは30万円するのが当たり前の魚です。ですが、その美し さに見せられた人にとってはそれだけの価値のある魚でもあるのです。
author:ぽちょん, category:生活, 22:24
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 22:24
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://kisetu-fuu.jugem.jp/trackback/3